小動物介護士 TOP

現在、日本では高齢化社会が加速しているとよく言われます。介護や福祉について国家として考える必要性が高まっています。でも介護や福祉について考える必要性が高まっているのは人間の間の話だけではありません。ペットの社会でも同じことが起きています。
こうした問題について専門に考えている人によれば、ペットの社会における高齢化の認識度が低いため問題としては深刻であると述べています。人間のように意志を言葉で表現しないためどうしても問題に気づくのが遅れるのです。さらに難しくしている要素としては「動物は比較的早く死ぬものだ」という固定観念が影響して、高齢の動物について人間ほどの配慮が払われないこともあります。「この犬は高齢だからしょうがない」と言って、何もできない、しなくてもやむを得ない、と考えるわけです。

こうしたペット社会の現実に、明るい光を当てることができるのが小動物介護士です。人間の場合にも専門の介護士がいるのと同じように、ペットにも専門の教育を受けた看護士がいるのです。高齢の動物の世話はもちろんですが、飼い主の方に今後、直面する可能性がある問題について前もって考えて、必要な情報を提供することができます。

人間の介護の場合もそうですが、前もって知っておくことで気持ちがかなり違いますし、安心で心強く思います。ペットが家族の様に大切にされているこの社会の実情をふまえ、最後まで面倒を見たいと思う人が増えていることを考えますと、確かに小動物介護士はますます必要になる資格であると言えます。

この資格を取得した人は、ペットホテルや動物病院で実際に高齢のペットの世話を行っています。さらに興味深いのは特定の仕事にこだわらず、自宅のペットを最後まで大切にしたいから、という理由でこの資格を取って、自宅のペットの世話にそのまま役立てている人もいます。とにかく現在の日本のペット社会では大活躍の資格であると言えます。

おすすめ!小動物介護士の通信講座

下記の講座は、日本ペット技能検定協会認定の通信講座になります。
受講後は、小動物介護士のライセンスが発行されます。
まずは、資料請求をして検討してみましょう!



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ