小動物介護士の資格のために学ぶ事柄

では実際に小動物介護士の資格取得のためにどのようなことを学ぶのでしょうか。人間の介護士の場合は入浴介助、食事の援助、排泄などの日常生活全般の活動に関しての勉強や実習があります。動物の介護士の場合も同様で、犬やネコの生活全般についての介護や介助について学びます。基本的な健康管理や動物の体の仕組みはもちろんですが、老化の仕組みやメカニズム、食餌、排泄、睡眠などについて学びます。

さらに非常に大切な部分である、飼い主と動物との関係や、介護士と飼い主の接し方についても学ぶことができます。特にこの部分はとても大切で、小動物介護士として、プロの力量が試される部分です。介護士として動物に接することはもちろんですが、飼い主の方の気持ちに配慮しながらも、最善の方法で動物の介護をするという、絶妙なバランスが必要で、なおかつデリケートな問題についての見方や具体的な方策も学ぶことができます。この部分は昔であれば、長年の経験や勘が頼りであった部分だけに、学習で取得できるのというのは本当にすばらしいことです。

人間の介護の場合もそうですが、基本的な方法を学ぶと同時に動物それぞれの違いもよく理解して対応することが必要ですが、こうした点についてしっかりと学ぶことができます。
犬やネコで全く違うということはすぐに分かりますが、犬でも全て個性があって異なります。全ての犬に通用する手段というのはないのでケースバイケースで学ぶことになります。でもこうした講座で勉強しますと、過去の実例や傾向などをきちんと知ることができて、本来なら何十年もかかるような内容を数時間で知ることができます。

通信制の講座であればDVDを見ることや添削問題の提出によって学科を終えることができます。通信制の講座の中には実習で実際に実務を行っている現場に行って、実習できるプランを設けているところもありますので、すぐに実戦力になる強力な学習方法と言えます。

おすすめ!小動物介護士の通信講座

下記の講座は、日本ペット技能検定協会認定の通信講座になります。
受講後は、小動物介護士のライセンスが発行されます。
まずは、資料請求をして検討してみましょう!



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ