小動物介護士が必要される現場

こうした小動物介護士の資格取得をした方たちはどのような現場で活躍しているのでしょうか。

一番身近なところで活躍している人たちとして、病院や施設で働くことはなくても、資格を取得して、個人として自分の家の動物や近所の動物の高齢化と戦っている人たちです。わたしたちの周りもそうした方がいるかもしれませんが、彼らはある意味で本物の介護士と言えるかもしれません。最高の動物への愛情を最後まで表そうとしているからです。

次に思い浮かぶのは動物病院です。薬の進歩で昔は寿命とあきらめられていたフィラリアなどの病気の治療ができる今日では、高齢の動物の診察が年々増えていますので間違いなく必要されている職場と言えます。

また多くの動物病院では高齢の動物を預かって飼い主の方の負担を減らすようなサービスもありますので、その時にも小動物介護士が活躍します。他の動物関係の資格はもっていて介護士の資格は持っていなという病院もあるようで、そのような時には大活躍するに違いありません。

また他にも活躍の場はあります。それはペットホテルやペットショップです。こうした施設は病院ではないというのは飼い主の方も承知しているのですが、困ったことが起きますと相談や頼み事にやって来ます。高齢の動物を車に乗せて必死の思いで連れてこられた方に病院ではないので、と断ることができずに困っているペットショップもあるようです。このような時に小動物介護士がいれば飼い主の方もとても心強いに違いありません。ペットホテルでも同様です。以前は、高齢の動物はお断り、というようにしていた施設でも、最近のペット高齢化にあわせて、小動物介護士の資格を持ったスタッフを常駐させて、どんなペットの状況でも対応できるようにしているところが増えているようです。こうしたホテルの活躍で飼い主の方の負担を減らし、動物への愛情を深めるように貢献しているのです。確かに小動物介護士の活躍する現場はたくさんあります。

おすすめ!小動物介護士の通信講座

下記の講座は、日本ペット技能検定協会認定の通信講座になります。
受講後は、小動物介護士のライセンスが発行されます。
まずは、資料請求をして検討してみましょう!



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ