小動物介護士の仕事の知られざる一面

小動物介護士の仕事はペット介護を担っているのだとすぐに連想するのですが、実際には動物だけでなく、目の前のかわいいペットの状況に傷ついている、飼い主の方の心や感情のケアもきちんと行うことが必要です。実はこの分野の仕事が最も難しくあまり知られていない仕事の内容になります。

多くの飼い主の方にとって、長年かわいがってきた動物が年をとってきて体が思うように動かなくなっている様子を見ますと非常にいたたまれない気持ちになるようです。しかも飼い主の方ご本人が高齢であったりすると、自分の状況と重なるようです。そのため余計につらく感じるそうです。自分自信も思うようにならないのに飼っている動物まで思うようにならずに大変悲しい持ちになっている飼い主の方もたくさんおられます。そのような時に飼い主の方の気持ちをなだめて、励まして引き続きその動物を世話し続けるように助けるのは小動物介護士の仕事です。ですから単に動物についてよく知っていればよいというのではなくて、飼い主の気持ちや感情に配慮できる人であることが大切になってきます。

実際にこの職業に就いている方に聞きますと、自分たちの仕事内容の中で最も気を遣うのは飼い主の方の気持ちにどのくらい配慮するか、と言う部分だと言われます。配慮しすぎて飼い主との判断ができなくなるのも困りますが、逆に配慮しないで動物の介護のみに集中することもできません。時には介護士自身も動物のことを優先にするのか、飼い主の方の気持ちを優先するかで悩むことがあるそうです。でも介護士として資格取得のための教育の中でこの分野についても事前によく学んでいますから、比較的平衡のとれた判断や意見を述べることができるそうです。

こうして考えますと、昔なら行っていたような単なる勘や経験にまかせた介護を行うのではなくて、きちんとした小動物介護士の勉強を行って資格を持った人が、現代の動物介護の世界では必要であることがよく分かります。

おすすめ!小動物介護士の通信講座

下記の講座は、日本ペット技能検定協会認定の通信講座になります。
受講後は、小動物介護士のライセンスが発行されます。
まずは、資料請求をして検討してみましょう!



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ